So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

お寿司の握り方を教えていただきました [ぐるなびクッキング]

寿司って握ったことあります?
なかなかそういう機会ってないでしょ。
ぐるなびクッキング で、
お寿司の教室があるというので、行ってきた。
場所は、西麻布の「すし天」さん。
本物の職人さんがお寿司の握り方を
教えてくれました。

すし天さんで行われた寿司教室


先週の土曜日のこと。
これがね、もうけっこう面白いわけですよ。
お寿司ってなんだか職人さんの握るのを見ていると
簡単そうなんだけど、
いざやってみるとむつかしいんだよねぇ。
次々にシャリだけ握る。

「すし天」の「すし教室」byぐるなびクッキング

けっこうむつかしい。
職人さんに目の前でゆっくり握ってもらう。

すし天さんで行われた寿司教室

そして、自分で握った寿司もいただく。
さらに巻物なども教わり、最後はお店から、ちらし寿司が出た。
もう、お腹いっぱい。はちきれそう。
すし天さんで行われた寿司教室


レストランで料理教室-ぐるなびクッキング



おつまみスープ──お酒に合う汁ものレシピ77

おつまみスープ──お酒に合う汁ものレシピ77

  • 作者: 「汁飲み」向上委員会
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2012/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パスタサラダ [オヤジレシピ]

マカロニサラダというとマヨネーズ味だったりするけれど、
スパゲティサラダの場合は、バジル系のドレッシングが多いかな。

というわけで、今回は
ピエトロさんより届いた
コレステロールゼロの
「2色のごまとオリーブオイル」
を使ってみました。
DSC06345.JPG
まずサラダ用のパスタ。細いやつ、ゆで時間は4分。

ミニトマト、キュウリ、それからアジの干物を細かくちぎったものを
冷めたパスタに絡めます。

で、ドレッシングをドボドボかけるだけ。
想像以上にマイルドな味に仕上がってます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

冷蔵庫の残り物で和風チャーハン [オヤジレシピ]

冷蔵庫のあまりもを使った和風チャーハン

基本は醤油味のガーリックチャーハンです。
具材は冷蔵庫の中にあるものならなんでもOK。
細かく切っておくことがポイント。
フライパンにオリーブオイルを入れ、
ニンニクを刻んだものを炒めます。
そして長ネギ。
香りができてきたら、具材を投入。
さらにご飯も。
事前に用意しておきたいのは、おかかバター。
これはお皿におかか、バター、醤油を入れてチンしたもの。
最後の味付けにこのおかかバターを入れます。
そして、最終的に塩胡椒を入れ、味をととのえます。

■材料(2人分)
ご飯 / 2膳分
オクラ / 4本
長ネギ1本 /
ニンジン / 1/3
カマボコ / 1/2
ニンニク / 3片
ミニトマト1個
鰹節 / 小1パック
醤油 / 大さじ1
バター / 大さじ2
塩・胡椒 / 適宜





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

チョーコー醤油の「ゆず醤油 かけぽん」がおいしい件 [オヤジレシピ]

チョーコー醤油の「お試しセット」のモニターが当たって、
我が家にそのセットがやってきた。
いろんなのが入っているので、
今後ちょこちょこ紹介していくかもしれません。
とりあえず、最初に使ってみたのが、
「かけぽん」というゆず醤油。
DSC01208.JPG
冷や奴や大根おろしにめちゃくちゃ合いました。
ほら、おっさんてさぁ、酸っぱいの苦手な人が多いじゃない、
でもこの「かけぽん」はマイルドな酸っぱさというか、
やさしいすっぱさなので、おっさんもおいしく食べられるはず。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ナポリタンをおいしく作る方法 [オヤジレシピ]

ナポリタン
ナポリタンというとオヤジ世代には懐かしい料理だ。
最近は出す店も少なくなった。
昔は、喫茶店なんかではミートスパゲティとナポリタンスパゲティは必ずあった。
最近はないので、自分で作る。
とはいえ、これがパスタ料理だとかスパゲティ料理だと思って作ると失敗してしまう。
別物なのだ。
たいていパスタはアルデンテにしてスープを吸わせるのだけれど、
このナポリタンは逆。ゆで時間を多めにとる。
たとえば、7~8分の茹で時間だろ袋に書いてあったら、10~12分くらい茹でる。
もう、これ以上ないくらいに茹でる。
で、あせってフライパンに入れる必要も無い。

オリーブオイルがいいけれど、サラダ油でもいい。
フライパンに油を敷き、ニンニクのスライスなどを炒め、さらにハムかベーコンを入れ、
切ったタマネギやピーマンを入れる。
あくまで、焼きうどんのような感覚でつくろう。
仕上げはケチャップで味付け。
塩で少し味を整えればできあがり。

タバスコと粉チーズをたっぷりふりかけて食べる。
うまいねぇ。



ナポリタン (小学館文庫)

ナポリタン (小学館文庫)

  • 作者: 上野 玲
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

レンコンとゴボウのクリームチーズ和え [オヤジレシピ]

レンコンとゴボウのクリームチーズ和え

知り合いのライター、岡本まーこさんに
「レンコンがあまってるけど、なにかいい料理ない?」
と聞いたところ、これを教えてくれました。
どこかの和食屋さんのランチで食べたとのこと。
「最初はレンコン白和えかと思ったら、クリームチーズで、これがおいしかった」
と言うので、とにかくイメージだけで作ってみました。

ゴボウを1/3、レンコン1個を一口大に切って、
レンジでそれぞれチンします。

温かいウチにクリームチーズと混ぜます。
それだけのとてもシンプルな料理です。
こんなんでおいしいのかなと食べたところ、実に美味。
驚きました。まーこさんありがとう。


法廷ライター まーこと裁判所へいこう!

法廷ライター まーこと裁判所へいこう!

  • 作者: 岡本 まーこ
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2010/10/30
  • メディア: 単行本



ボロネーゼ [オヤジレシピ]

オヤジレシピ ボロネーゼ
時間のある土曜日なんかに作って、翌日の日曜日のお昼に食べたい。
スパゲティ・ボロネーゼ
まずは、鍋にオリーブオイルにみじん切りにしたニンニク、タマネギ、セロリ、にんじんを弱火で焦げないようにじっくり炒める。30分ほど。
フライパンにサラダオイルを入れ、挽肉を強火で焼く。炒めるというよりは焼く。あまりほぐしたりせずに、じっくり焼く。肉汁が透明になったらOK。そこに赤ワインを入れて、沸騰させる。
この肉をさきほどオリーブオイルを入れて野菜を炒めた鍋に投入。
トマトの水煮を入れ、弱火で1時間ことこと煮てできあがり。
一晩寝かしたほうがおいしい。

材料(3~4人前)
牛挽肉 300kg
トマトの水煮(缶詰)
ワイン 100mg
玉ねぎ1/4個、
セロリ1/2本
にんじん1/3本
にんにく 3かけ
ベイリーブ(月桂樹の葉) 1枚
オリーブオイル 大さじ3
サラダオイル 少々
塩、コショウ





ペストジェノヴェーゼパスタ [オヤジレシピ]

DSC05736.JPG

簡単にパスタ料理を食べようという時は、これ。
茹であがったパスタにバジルペーストをあえるだけ。
実に簡単。粉チーズをかけて食べると実にうまい。
バジルペーストは、バジルの生葉で作られたハーブソース。
パスタ料理によく合うけれど、パンにつけて食べたりもする。
その他にもじゃがいもや野菜とあえたり、
ドレッシングに加えたりと使用用途は様々。
あれば、便利なひと瓶だ。
呼び方は、ペスト・ジェノベーゼなのか
ペスト・ジェノヴェーゼなのか定かじゃないけど。





大人のビーフシチュー [オヤジレシピ]

しっかり肉を食いたいときのビーフシチュー。
箸で切れるくらい肉がやわらかくなるぞ。
大人のビーフシチュー

材料 (3~4人前)
牛肉(カレー用)300g
ハインツ デミグラスソース缶 1缶(290g)
塩胡椒 少々
小麦粉 少々
にんにく 3かけ
サラダ油 大2
赤ワイン 200cc
水 100cc
ジャガイモ 2個
にんじん 1/2本
たまねぎ 1/2個
しめじ 1/2袋
いんげん 10本
バター 大1
ケチャップ 大2

作り方
ひとくち大に切った牛肉に塩こしょうをして、
小麦粉をまぶす。
フライパンにサラダ油を入れ、スライスしたニンニク炒める。
ニンニクに色が少しついたら、牛肉をじっくり焼く。
赤ワインを入れて煮る。
鍋に移し、水を加え、アクを取りながら30分ほど煮る。
デミグラスソースを加え、よく混ぜる。
ひとくち大に切ったジャガイモ、にんじんを入れ、30分弱火で煮る。
石づきを取ったしめじ、くし切りにしたタマネギをフライパンにバターを入れて炒め、鍋に投入。
さらに30分弱火で煮て、できあがり。
盛りつけるとき、塩ゆでしたインゲンを添える。





ペスト・ジェノヴェーゼ [オヤジレシピ]

ペスト・ジェノヴェーゼ
少し前、パンのCMで小林聡美が塗っていた緑色のペースト。あれはなんだろうかと奥さんに聞いたら、
バジルソースだそうだ。そして、昨日、それを買ってきてくれた。
瓶詰めになっていて、イタリアからの輸入物のようだ。
日本語のペスト・ジェノヴェーゼをパンに塗って、
サンドイッチを作って食べてみた。
これがめちゃくちゃ旨い。
今度はパスタにからめてみよう。

【有機JAS認定】 アルティジャーナ ジェノヴェーゼ ペスト ジェノヴェーゼ 180g

【有機JAS認定】 アルティジャーナ ジェノヴェーゼ ペスト ジェノヴェーゼ 180g

  • 出版社/メーカー: アルティジャーナ ジェノヴェーゼ
  • メディア: 食品&飲料



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。